ナイチンゲールの生涯とは?功績や逸話や名言など。

ナイチンゲールと聞くと『白衣の天使』という言葉が浮かびます。

実際に、看護師の卒業式などではナイチンゲールの精神を暗唱するシーンも有るほどです。

そんな『白衣の天使』ですが、今回はちょっと違った視点で見てみました。

スポンサードリンク

みんなの知ってる「ナイチンゲール」

まずは、基本のプロフィールをおさらいしておきましょう。

本名    フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale)
誕生    1820年5月12日
死没    1910年8月13日(90歳)
出生地   トスカーナ大公国(現在のイタリア)フィレンツェ
功績    近代看護教育の母

大変裕福な家庭に生まれ育ったナイチンゲールは、あらゆる学問を施されます。

ある日友人と行った奉仕活動の場で、貧しい人たちの暮らしを目の当たりにし奉仕の精神に目覚め看護師を目指します。

ドイツで専門的な教育を受けたナイチンゲールは看護師の専門知識の重要性を訴えますが、当時看護師は最低の職業として蔑まれていたため受け入れられませんでした。

ところが1854年にクリミア戦争が勃発し、戦地で怪我をした兵士たちの扱いが伝えられると世論は騒ぎ始めます。もちろんナイチンゲールもシスターや看護師を連れて現地へ向かいます。

軍医はナイチンゲール一行を受け入れようとはしませんでしたが、彼女たちの働きで42%あった死亡率が2%まで減少しました。

彼女の行なったことは、
・あまりの状況の劣悪さに自殺者が多数いたため、自分の許可なく死ぬことを禁じた
・院内の衛生管理を徹底させ、下水環境や食事、売春婦の出入りなどを厳しくチェックした
・備品や医師、病院施設が足りなくなると自費で賄った
・治療中の退屈しのぎにレクリエーションを用意したり本を貸し出し、読めないもののため学校を建てた
・枕元にベルを置き緊急時に備えた(現代のナースコール)

実家が裕福で父親からの理解と援助があってこそできた支援もありますが、それを決断したナイチンゲールの状況把握能力の高さに驚きですね。

彼女が作った病院の設計図には、ナースステーションデイスペースもあります。これが現代の病院の基礎となっているんだそうです。

また院内環境を整えるというのは、まだ細菌の存在を知らなかった当初にその危険性を感じ対策を困じたということになります。

現代の看護師戴帽式の様子を御覧ください。


この暗がりで蝋燭の明かりを灯すのは、ナイチンゲールが戦地で「夜回り」を欠かさなかったことに由来しています。

自身の時間も労力も、惜しげもなくけが人や病人に向けたその姿が当時は「クリミアの天使」「ランプの貴婦人」といった呼ばれ方で表されていました。

結構「武闘派」だったナイチンゲール

博愛の精神に満ち溢れ、万人の母のようなイメージのナイチンゲールですが、それらを遂行するためには数多くの困難を乗り越えてきました。

その乗り越え方が、ちょっと「白衣の天使」からは想像がつかないかもしれません。

武闘派説1 はじめての治療は子犬の骨折

散歩中に骨折した子犬を見つけたナイチンゲールは、添え木をして子犬の治療を行います。その時たまたまそばにいた牧師に向かって「あんたちょっと手伝いなさい!」と命令しました。

スポンサードリンク

武闘派説2 薬箱を叩き割る

治療中薬や包帯などが足りなくなり軍医のもとへ行きまが、軍医は薬があるにもかかわらず「開けるためには上の許可が必要。確認するのに3週間かかる」と冷たく言い放ちます。

そこでナイチンゲールはその薬箱を叩き割り、涼しい顔で「開いたわ。もらっていくわね」と治療に戻ります。

武闘派説3 女王陛下ですら手段の1つ

戦地についても一切の治療をさせてもらえないナイチンゲールは、女王陛下に戦地での状況を手紙にしたため送ります。するとそれに驚いたヴィクトリア女王は、すぐさまナイチンゲール一行を活動させるよう、軍に命令書を発行。

また戦地から戻って今後の戦地での医療環境についても意見書を出し、従わない部署には女王の威厳を持って遂行していきました。

治療を行うためなら手段はいとわない使えるものは使う。一歩間違えれば「暴君」のような言動ですが、私利私欲のためではないという点が、逸話として肯定されている理由かもしれません。

ナイチンゲールが実際に看護して働いたのは、わずか2年半ほどだったそうです。その2年半の経験を元にデータをまとめわかりやすくグラフにし、統計学の先駆者ともいわれています。

最後に「白衣の天使」と呼ばれることに抵抗を感じていたナイチンゲールの肉声です。


自分が人々の記憶から消えその名前だけが残ったとき、自分の行ってきた功績が後世に受け継がれていることを望みます。といった内容の録音になります。

自分の名声を守るよりも、自身の信念を受け継いでほしいという、まさに「白衣の天使」の言葉ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ