アドルフ・ヒトラーはどんな人?生い立ちや妻や死因など!

アドルフ・ヒトラーといえば、知らない人はいないほどの有名人です。

しかしその名前は、「悪名」という喜ばしいものではありませんよね。

なぜヒトラーはあのような行動に至ったのか、彼を支えた女性は?

スポンサードリンク

ヒトラーのバックグラウンドが見えてこない

ヒトラーの行いを考えると、何が彼をそうさせたのかがとても気になりますよね。

氏名    アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)
生誕    1889年4月20日
死没    1945年4月30日(56歳)
出身    オーストリア=ハンガリー帝国
死因    自殺(銃)
妻     エヴァ・ブラウン

彼の動向を知るには、まず彼の家系を見ていかなくてはいけません。

彼の父「アロイス・ヒトラー」は、父親不明の私生児として生まれます。その後母親は結婚しますが、実際にアロイスを育てたのは義父の弟でした。

そしてそののアロイスは性にはかなり奔放で、多くの女性と関係を結びます。アドルフの母である三番目の妻「クララ」は、実は義父の弟の子どもでした。

通常なら何の問題もない結婚ですが、アロイスの父は実は義父の弟ではないかという可能性があったため、事実であれば従姪との結婚となり、教会にわざわざ申請を出したほどでした。

クララは結婚後3人に子どもに恵まれますが、どの子も幼くして亡くなっていることから、血縁を疑う声も消えませんでした。

しかしアドルフが生まれ、その後生まれ子どもは無事に育っていることから、時代が関係しているのかもしれないという見解もあります。

このように謎に包まれた家系であるため、アドルフ本人も自身の家族や祖先の話はしたがらず、

「自分が誰か、どこから来たか、どの一族から生まれたか、それを人々は知ってはいけないのだ!」

と公言することから、逆にアドルフ自身が『ユダヤ教出身なのでは?』と疑問視する声もありました。

つまり、ヒトラー自身も確固たる自分のバックグラウンドを掴むことができなかったということです。

スポンサードリンク

父への反抗心から生まれた

では、なぜヒトラーは「ドイツ帝国主義」を掲げあのような行動を起こしたのでしょうか。

そこには、父への反抗心がありました。

無学の私生児が独学で関税事務官になったことを誇りに思っていた父は、アドルフにも同じ道を歩むよう共用します。しかし本人はまったくその気はなく、ヒトラーは画家を目指すなど親子の溝は深くなるばかりでした。

父はハプスブルク君主国の支持者であり、その反対勢力として大ドイツ主義があったのです。父を毛嫌いしていたアドルフは、父とは真逆の主義に走ったことになりますが、のちにその方向性が後世にまで影響することとなります。

しかし妻に対する態度は、毛嫌いしていた父そのものでした。

エヴァ・ブラウンとは、何十年もの間愛人関係にありました。その間浮気もし、エヴァは過去2度の自殺未遂をしたほどです。

そしていよいよ敗戦も決定的となった4月29日にエヴァと婚姻を交わし正式な夫婦となります。

やっと訪れた幸せもつかの間、翌日にはアドルフとともに自殺という最後を遂げるのです。

彼女について、側近たちは「最も不幸な女性」としながらも、彼女が自殺したとき誰も悲しまなかったといいますから、彼女の人生とはいかがなものだったのかと思ってしまいます。

ヒトラーの行った行為は未だに裁判が行われ、略奪物の返還が注目されています。

個人の発言や行動が国家を揺るがすほどに影響力の強いものというのは、未だに存在しています。そんな強大な力を持つ人達には、それを良い方向に向けてくれることを祈ります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ